水光注射をするときの注意点とは

水光注射は医療行為ですので、施術するにあたって、さまざまな注意点があります。医師からも施術前に必ずそのことについて話がされるとは思いますが、しっかりと聞いて、理解して、守るようにしましょう。
医師からの指示はあなたに関することです。あなたが守らなければ、自分の身が大変なことになるのと同じですので、注意しておきましょう。
■前日の注意
施術日前日はしっかりと睡眠をとり、なるべくアルコールなどを摂取しないようにしましょう。アルコールの成分がもし残っていた場合には副作用が起きる可能性があります。
また、顔を強くこすったり、かきむしったりしてキズを作らないように注意してください。施術は直接肌に注射しますので、とても強い刺激となってしまいます。
■当日の注意
当日は何よりも時間厳守で行きましょう。また、病院でも落とすことができますが、濃いメイクをせずに簡単なものにしておきましょう。できるだけ肌は清潔な状態にしておくことがポイントです。
施術後はスキンケアを行いますが、その後メイクをしてもいい場合としない方が良い場合に分かれます。これは、病院側の指示を聞きましょう。またメイクをする場合は、UV対策をしっかりと行うことが大切です。注射痕はどうしても痛みを伴いますし、紫外線に敏感に反応をしますので、しっかりと守るようにしましょう。
■施術後
施術してから一日以上経つと、徐々に肌が普段と同じ状態に戻っていきます。痛みを感じることや腫れがなければそのままメイクをしてもOKですが、もしなにか違和感がある場合は早急に連絡をしましょう。もし、万が一顔にキズが付いてしまったり、何か疾患が見られる場合はまず施術を受けた病院に連絡をして、他の医療機関へ行きましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP